気になる体臭を軽減する5つの習慣

適度な運動で汗をかくことを習慣付ける

 

いわゆる冷汗など、ストレス性の汗は嫌な臭いがしやすいものです。
普段、運動不足な状態が続くと、汗をかきにくくなってしまいます。

 

また、運動不足になると体の免疫力が低下してしまい、ストレスを受けやすくなってしまいます。
この時に冷汗などをかいてしまうと、体臭が生じやすくなってしまいます。

 

さらに加齢とともに、嫌な汗は特に臭いやすくなってしまうので気を付けたいものです。
日々、ストレス解消とともに適度な運動で汗をかくようにしておくことで冷や汗なども軽減することができます。

 

飲酒や喫煙に気を付ける

 

飲酒や喫煙を継続的に行っていると、確実に体臭がひどくなってしまいます。
特に喫煙はタバコを吸っていない人にはかなり敏感に感じてしまいます。

 

飲酒によるアンモニア臭のような嫌な体臭になり、周りの人を不快にさせてしまいます。
飲酒を続ける場合は、お酒が体に残らないように、汗を十分にかく習慣をつけるなどの工夫が必要です。

 

疲労やストレスで臭いに敏感になる

 

疲労やストレスを溜めてしまうと体臭がきつくなってきます。
それと同時に、疲労やストレスが溜まってくると、臭いに敏感になってきます。

 

今まで気にならなかった臭いが、とても気になるようになり、不快を感じやすくなってしまいます。
体臭やさまざまな臭いが今までよりも気になるようになったら、疲労やストレス解消に努めるようにしたいものです。

 

汗をかいたら、早めに着替える

 

汗自体は臭くなくても、汗が付いた衣服に雑菌が繁殖して、それが体臭として感じやすくなってしまいます。

 

特に気温が高い季節や場所では、同じ状況でも臭いやすくなってしまうので注意が必要です。

 

汗をかいたら早めに着替えるなどの工夫をしたいものです。
汗をかきやすい場合は着替えを持参すると良いでしょう。

 

消臭効果のあるものを利用する

 

消臭効果のあるものを利用することで、体臭の不快感を軽減することができます。
また、緑茶や柑橘系の果物なども臭いを軽減してくれます。

 

日頃から体臭に気を付ける為に、消臭効果のある食品を摂ることも有効です。"